がん 予防について

日本人の2人に1人、3人に1人が生涯のうちに一度は、がん(癌)に罹患することで闘病生活を送る、またはがんが原因で亡くなると言われています。 そのような時代において、「がん予防」を行い、がんを未然に防ぐことへの注目が高まっているのです。

がん予防の効果を高める正しい食生活とは?

2017年03月07日 14時17分

日本人の二人に一人ががんを発症し、三人に一人はがんが原因で亡くなるという時代において、日常的にがん予防を意識した生活を送ることが必要不可欠であるといえます。
がん予防のためには、がん予防に効果的な栄養素を含む食生活を送ることが重要なポイントであるといえます。

がんになりやすい食生活を回避することが大切
がん予防の効果を高める正しい食生活を送るためには、「がんになりやすい食生活」を知ることから始めましょう。
がんになりやすい食生活を送る人に多いのが、がんを発生させる原因になりうる「発がん物質」を多く含む食品の摂り過ぎが原因とされています。
食品自体に、もともと発がん物質が含まれている場合もありますし、調理を行うことで発がん物質を発生させることもあります。
がんにならないようにするためには、発がん物質が含まれる、または発がん物質を発生させるような食品は摂り過ぎないということを意識することが大切です。

バランスの良い食生活を送る
発がん物質が含まれる食品はできるだけ回避しながら、「バランスの良い食生活を送る」ことが、がん予防に大きな効果を発揮するとされています。
がん予防の効果を高めるためには、バランスの良い食生活を心掛けることが大切ですが、「新鮮な野菜や果物を1日に400g以上」摂ることも重要なポイントです。
緑黄色野菜は1日100gを目標に、食物繊維が多く含まれるキノコや海藻を含めるとさらに効果が高まります。

________________________________________
がんを予防するためには、日頃の食生活を見直すとともに、がん予防に効果的な栄養素の摂取を習慣化させることが大切です。
特に難しいことはないので、無理せずに今できることからコツコツとがん予防を実践していきましょう。

十津川農場 ねじめびわ茶 国立大学法人鹿児島大学と共同研究