がん 予防について

日本人の2人に1人、3人に1人が生涯のうちに一度は、がん(癌)に罹患することで闘病生活を送る、またはがんが原因で亡くなると言われています。 そのような時代において、「がん予防」を行い、がんを未然に防ぐことへの注目が高まっているのです。

がん予防に効果的な栄養素

2017年03月07日 14時14分

がんを予防することは、何も特別なことをする必要はないのです。
まずは今できる予防策を積極的に始めてみて、がんになる可能性を下げることが重要なポイントといえるでしょう。
そこで今回は、がん予防をはじめる方に知っておいて頂きたい「がん予防に効果的な栄養素」についてご紹介します。

がん予防に効果的な栄養素とは?
・ビタミンB17
ここ数年、「がん予防」に効果的とされ、世界的に注目されている栄養素に「ビタミンB17」があります。
ビタミンB17は、その名も「アミグダリン」という成分であり、これらの成分を含む食品を習慣的に摂取している国では、がん発生の確率が極めて低いことが分かっています。
ビタミンB17に限らず、どのような食品や栄養素も摂り過ぎには注意が必要であるため、一日の摂取量を守りながらがん予防を行うことが大切です。

・ビタミンC
がん予防に効果的であるとされる栄養素の中に、高い抗酸化作用や免疫機能増加作用を持つ「ビタミンC」があります。
中でもビタミンCは、日本人に多い胃がんを予防する効果があるとされ、がんのリスクを高める胃粘膜の萎縮を抑える効果があると期待されています。
ビタミンCは、人間の体内で作り出すことができない栄養素であることから、意識的にビタミンCが多く含まれた食品を摂取する必要があるのです。

________________________________________
がん予防は難しいと考えている方の中には、がん予防に効果的な栄養素がどのような食品に含まれているのか分からないという場合が多いようです。
がん予防に効果的な栄養素は案外身近なところにあるもので、今からでも簡単に食生活に取り入れることができるのです。

十津川農場 ねじめびわ茶 国立大学法人鹿児島大学と共同研究