がん 予防について

日本人の2人に1人、3人に1人が生涯のうちに一度は、がん(癌)に罹患することで闘病生活を送る、またはがんが原因で亡くなると言われています。 そのような時代において、「がん予防」を行い、がんを未然に防ぐことへの注目が高まっているのです。

いろいろな食品をバランスよく食べる

2017年04月10日 17時56分

身体にいい食生活を実践して、がん予防につなげることが大きな効果を生む一歩といえますが、それでは「身体にいい食生活」とは、一体どのような食事をすればいいのでしょうか。
今回は、身体に良い食生活を実践するために知っておきたい、「バランスの良い食生活」について考えていきましょう。

いろいろな食品をバランスよく食べる
暴飲暴食や偏った食生活の大きな問題点は、自分の好きな食品を満腹に食べてしまうということにあります。
がん予防に効果がある食生活としては、「いろいろな食品をバランスよく食べる」ということが大切です。
がん細胞を減少させるために効果的な食品だけを、闇雲に食べるだけでは意味がありません。
正しい食生活を送るためには、偏った食事をしないことを心がける必要がありますし、普段どのような食材を多く食べているかを自分自身で把握することが大切です。
毎日の食事を目で見て分かるようにメモを取ることで、食事内容を一目で把握することができますし、バランスに偏りがある部分に関しては改善の余地を見出すことができるでしょう。

栄養素の不足やストレスに注意する
バランスよくいろいろな食品を食べることにこだわり過ぎて、「栄養素の不足」や「過度なストレスを溜め込む」といったことがないように気を付けましょう。
がん予防に効果的とされる食品はたくさんありますが、同じ食品だけにこだわり食べ続けたせいで、ほかの栄誉素が不足してしまうといった状況に陥ることは避けなければなりません。
また、正しい食生活にとらわれ過ぎて、食べたいものが食べられないというストレスを溜めこむと、ストレスが原因で免疫力が低下し、がん発生の原因になる可能性があるため注意が必要です。

十津川農場 ねじめびわ茶 国立大学法人鹿児島大学と共同研究