がん 予防について

日本人の2人に1人、3人に1人が生涯のうちに一度は、がん(癌)に罹患することで闘病生活を送る、またはがんが原因で亡くなると言われています。 そのような時代において、「がん予防」を行い、がんを未然に防ぐことへの注目が高まっているのです。

がん予防のための正しい食生活は腹八分目が基本

2017年04月10日 17時56分

がんになる可能性を低下させるために、今すぐにでも始められる方法、それが「腹八分目」を徹底するということです!

腹八分目でがんを予防する
がんを予防するための食生活の改善は、もちろん発がん物質を含む食材を極力避けるということが大切ですが、もう一つ重要なポイントに「腹八分目を心がける」ということがあります。
がん予防に効果が高いとされる食材を取り入れるのと同時に、普段食べる量を抑えて、満腹になる一歩手前の腹八分目に抑えることが大切です。
腹八分目に抑えることで、がんになる原因とされる塩分摂取量を減らすことができる上、肥満が原因で増える活性酸素の抑制にも効果が期待できます。
活性酸素は、細胞を酸化させ、がん発生にも大きく関与していることから、食生活を改善することで活性酸素を抑制することが大切であるといえます。

腹八分目といっしょに減塩食をメインにする
がん予防を目的として、毎度の食事を腹八分目までに抑えているという方は、それと同時に「減塩食をメイン」にした食事メニューにすることが、効果をさらに高める方法だといえます。
がんをはじめとする生活習慣病の原因に、「塩分摂取量の多さ」が指摘されています。
ジャンクフードなどを多く食べるよりも、新鮮な食材を低塩で味付けた和食を食べることの方が、がん予防には効果的だとされています。
いつも少し塩辛い味付けにしている場合は、味が薄いと感じる位まで減塩を行うようにしましょう。

________________________________________
がん予防をするためには、身体にいいとされる栄養素をしっかり摂取することが大切です。
暴飲暴食を控え、規則正しい決まった時間に腹八分目の食生活を送ることを心がけましょう。

十津川農場 ねじめびわ茶 国立大学法人鹿児島大学と共同研究